スポンサーリンク
スポンサーリンク

ダイアゴナル・トライアングルの示現で、ここから少なくとも9月上旬あたりまで上げてくる形になるか

日経平均チャート日経平均
出所:SBI証券
スポンサーリンク

今日の東京市場は、前週末の米国株が上昇した流れを引き継ぎ、朝方から先物主導で
買いが先行。

日経平均は20590円で寄り付き、先週末よりも170円程度高い水準でスタートしました。

9時6分に20633円まで上げたのですが、買い一巡後は週末のジャクソンホールでのFRB議長の講演内容を見たいとのこと様子見ムードが広がり、11時7分に20502円まで下落。

ただそれ以上下がることはなく、引けにかけてやや戻るかたちになり、今日の日経平均は+144円の20563円で終了。

先週金曜日の小幅高に続き、続伸となりました。

ただ売買代金は1.5兆円台で、2兆円を割り込み、前週に続いて市場参加者が少ないかたちでした。

 

先週1週間は夏季休暇で旅行に行っていたので、更新が飛びました。

さて、その間、市場の方は8/15の木曜日に20184円まで下落し、8/6につけた20110円の安値に並びました。

また、21823(7/25)の戻り高値からの引け値ベースの安値も8/15に更新しました。(8/15の引け値ベースの安値は20405円)

そこから先週金曜日に13円高で、そして今日は144円高で続伸となりました。

スポンサーリンク

8/6の20110円で当面の安値をつけ、ここから反発してくる局面か?

7月以降の日経平均の動き方を整理しますと、

・21784(7/2)から20993(7/18)まで下落した後、21823(7/25)まで戻して頭打ち。

・そこから20110(8/6)まで下落して安値をつける。

という動きになっています。

なお、21823(7/25)の高値からの値動きを引け値ベースでみると、次の通りになっています。

①21756(7/25) ⇒ 20585(8/6)

②20585(8/6) ⇒ 20684(8/9)

③20684(8/9) ⇒ 20455(8/13)

④20455(8/13) ⇒ 20655(8/14)

⑤20655(8/14) ⇒ 20405(8/15)

上記の動き方を見ますと、直近の安値を割れて更に下がるかと思うと上がり、そこから反発するかと思うと今度は逆に下がるという動き方を繰り返しています。

このチャートパターンは、所謂、ダイアゴナルトライアングル(斜行三角形)に該当するのではないかと思われます。

下げが続いた後にこのパターンが出ると、反発を示唆することになると思いますので、ここから少なくとも3週間程度、9月上旬あたりまで上げてくるのではないかと考えます。

くりっく株365
スポンサーリンク
スポンサーリンク
日経平均

関連コンテンツ

▼以下2件ランキング参加中。記事投稿のモチベーションになりますので、応援宜しくお願いします。

にほんブログ村 株ブログ 相場観へ

フォローする
相場の上にも20年