スポンサーリンク
スポンサーリンク

レンジ上限を前にもみ合う動きは続く

日経平均日経平均
出所:SBI証券
スポンサーリンク

前日の米国株式市場は、トランプ米大統領が民主党との追加経済対策を巡る協議を大統領選後まで停止する考えを示したことで下落。

これをうけて朝方の日経平均は23272円で寄り付き、連れ安の展開となりました。

しかし、その後、大統領が航空業界向けの雇用支援を延長するよう求めたことが伝わり、 時間外取引での米株先物がプラス転換すると、下げ幅を縮小する展開に。

14時41分に23432円まで戻したあと、日中の高値圏で引け、▲10円の23422円で取引を終えました。

日経平均は3日ぶりに小幅反落。

売買代金は1,9兆円台で、今日も2兆円の大台には届かずでした。

スポンサーリンク

25日線と75日線の差は433円まで接近

今日は寄り付き段階で160円程度下げて始まったのですが、引けにかけて戻して、最終的には10円安と小幅下落で終了しました。

引き続き、23500~23600円のレンジ上限を前にもみ合う展開が続いています。

8/14に23338円をつけて23185(6/9)を抜けた後、もみ合う展開が続いているため、25日線と75日線は接近してきています。

今日から3か月前の7/7時点で、25日線は22489円でした。

それに対して、75日線が20581円だったので、その差は1900円ありました。

しかし、今日の時点で、25日線は23300円。

それに対して、75日線は22867円なので、その差は433円で、3か月前から比べるとだいぶその差は縮まってきています。

いつまでもこの状態が続くわけではないので、いずれどこかで動きが出て、25日線と75日線の差が縮小する動きは止まると思われます。

8/14からそろそろ2か月が経過することになりますので、タイミング的には比較的近いところでレンジ抜けとなってもおかしくないのではないかと考えます。

auカブコム証券
スポンサーリンク
スポンサーリンク
日経平均

関連コンテンツ

▼以下2件ランキング参加中。記事投稿のモチベーションになりますので、応援宜しくお願いします。

にほんブログ村 株ブログ 相場観へ

フォローする
相場の上にも20年