スポンサーリンク
スポンサーリンク

日経平均は反落で、引き続きレンジ相場が続く

日経平均 日経平均
出所:SBI証券
スポンサーリンク

前日の米株市場では新型コロナウイルスのワクチン開発を巡る不透明感が重荷となり、NYダウ、ナスダック総合指数とも終盤に値を崩す展開。

これをうけて今日の日経平均は23525円でスタート。

9時5分に23555円まで戻した後は売りに押される展開となり、13時に23436円まで下落。

一時下げ幅は200円程度となりました。

その後、引けかけてやや戻し、▲165円の23474円で終了。

日経平均は反落となりました。

売買代金は前日よりも減少して1.7兆円台でした。

スポンサーリンク

騰落レシオ(25日)は、89.87%まで低下

今日の騰落銘柄数は、値上がりが388銘柄に対して、値下がりが1730銘柄で、値下がりが優勢の1日でした。

これで騰落レシオ(25日)は、89.87%まで低下。

10月6日に同レシオは136%だったので、2週間弱で46ポイント程度低下してきたことになります。

 

日経平均は、昨日の日中安値が23611円に対して、今日の同高値が23555円だったので、前日よりも50円程度マドを空けて下落しました。

ただ、25日線(今日の時点で23429円)は維持して引けていますので、明日以降、この水準を維持できるのか、というところになりますが、基本的にはレンジ相場が続く中での動きになるかと考えます。

なお、マザーズ指数は本日4.51%の下落で、新興株が冴えない感じでした。

マザーズ指数も1259.4で引けたので、25日線(今日の時点で1265.72)をやや下回りました。

こちらもこのあたりで踏みとどまれるのか、という点が注目されるところになります。

そのほかでは、9/29まではTOPIXと日経平均が同じような動き方になっていたのですが、日経平均が10/9に高値を抜けたのに対して、TOPIXは高値を抜けることができなかったので、日経平均とTOPIXでやや動きが異なっています。

こちらの方も、比較的早期にこの動きを解消できるのか、という点が注目されるところになります。

auカブコム証券
スポンサーリンク
スポンサーリンク
日経平均

関連コンテンツ

▼以下2件ランキング参加中。記事投稿のモチベーションになりますので、応援宜しくお願いします。

にほんブログ村 株ブログ 相場観へ

シェアする
フォローする
相場の上にも20年