スポンサーリンク
スポンサーリンク

裁定残高の売り越し超過が解消される中、日経平均の上げが続く

日経平均日経平均
出所:SBI証券
スポンサーリンク

日本や米国での新型コロナウイルス感染拡大が警戒され、今日の日経平均は25486円で寄り付き、150円程度下落してスタート。

その後、NYダウ先物が下落したことをうけ、12時58分に25425円まで下落。

一時下げ幅は200円を超えました。

しかし、下値には買いが流入し、下げ渋る動きとなり、引けは▲106円の25527円で終了。

日経平均は3日続落となりました。

明日からの3連休を控え積極的な売買は手控える動きも強まり、全体の商いは低調で、売買代金は前日よりも減少して2.2兆円台でした。

スポンサーリンク

昨日、今日と、日経平均よりもTOPIXの方が動きが良い形になっている

本日は日経平均は3日続落となりましたが、TOPIXは1727.39で引け、小幅ながらプラスで終了。

騰落銘柄数も、値上がりが1296銘柄に対して、値下がりが788銘柄で、全体の6割程度が値上がり銘柄が占める動きとなりました。

日経平均は昨日に続いて5日線(今日の時点で25762円)を下回りました。

しかし、TOPIXは昨日5日線(今日の時点で1728.18)を上回り、今日は若干下になったものの、ほぼ同線に並ぶ形になっているので、昨日、今日と、日経平均よりもTOPIXの方が動きが良い形になっています。

ここまでの形をみると、11/17に高値をつけた後、値幅調整ではなく、日柄面での調整を入れる感じになっていると思われます。

日経平均の下落幅も、26057(11/17)から今日の安値25425円まで、632円の下げなので、ミニ調整の範囲内での動きとなっています。

株数ベースの裁定残高も、11/18時点で、売り残が5.9億株に対して、買い残が2.1億株なので、日経平均の上昇をうけて売り残高が減少する傾向にあります。

しかし、4.8億株程度の売り越しなので、依然として売り越し超過の状態が続いています。

今後も、売り越し超過が解消される中、日経平均の上げが続く展開になると想定されるので、ミニ調整終了後は26057(11/17)の高値を抜けて、再び上値追いの展開になると考えられます。

岡三オンライン証券 くりっく株365
スポンサーリンク
スポンサーリンク
日経平均

関連コンテンツ

▼以下2件ランキング参加中。記事投稿のモチベーションになりますので、応援宜しくお願いします。

にほんブログ村 株ブログ 相場観へ

フォローする
相場の上にも20年