スポンサーリンク
スポンサーリンク

日経平均は昨日に続いて大幅安だが、目先の動きに惑わされず、冷静に見ていく局面

日経平均
出所:SBI証券
スポンサーリンク

前日の欧米株が総じて軟調だったことに加え、外国為替市場で円高が進んだことも重荷となり、主力株をはじめ広範囲に売りが出て、今日の日経平均は28660円で寄り付き、440円安い水準でスタートしました。

9時15分に28778円まで戻したものの、12時41分に28419円まで下げて、一時下げ幅は680円程度となりました。

その後やや戻したものの、引けは▲591円の28508円で終了。

新型コロナウイルスの感染者数が拡大傾向にある点が警戒される流れが今日も継続し、日経平均は昨日に続いて大きく売られて続落となりました。

売買代金は前日よりも増加して2.6兆円台でした。

スポンサーリンク

2日連続マド空きで、騰落レシオ(25日)は85.65%まで低下

 

今日の日経平均は昨日に続いて500円以上下落しました。

今日の下げで75日線(今日の時点で29118円)を明確に下回りました。

3/24に28379円まで下げたときは、75日線の水準で切り返したのですが、今回はそうはならず、同線を割り込む形となりました。

なお、昨日の日経平均の日中安値は29014円。

それに対して、今日の同高値が28778円だったので、236円マドを空けて下げる形になりました。

昨日も170円程度マドを空けて下げているので、これでマド空けでの下落は2日連続です。

また、今日の騰落銘柄数は値上がりが132銘柄に対して、値下がりが2028銘柄で、ほぼ全面安の展開でした。

この形からすると、更に下押しする可能性もあるように思われるのですが、今日の大幅安で騰落レシオ(25日)は85.65%まで低下してきました。

また、前回値下がり銘柄が2000を超えたのは3/24に28379円まで下げたときになるのですが、この時は翌日から切り返して4/6に30208円まで戻りました。

新型コロナウイルスの感染者数の拡大が嫌気されて下げる形になっているのですが、今は昨年の今頃とは異なり、ワクチンの接種が徐々にではあるものの、進んでいます。

世界の接種率平均が6.1%に対して、日本の同率は0.8%なので、ワクチン接種は大きく遅れています。

しかし、いずれ接種が進めば、ワクチン接種で先行するイスラエル(57.2%)や米国(33.3%)のように感染拡大は抑制されてくると思いますので、昨年の今頃のように先が見通せない状況にはないと思います。

よって、今は目先の動きに惑わされず、冷静に見ていく局面になるのではないかと考えます。

岡三オンライン証券 くりっく株365
スポンサーリンク
スポンサーリンク
日経平均

関連コンテンツ

▼以下2件ランキング参加中。記事投稿のモチベーションになりますので、応援宜しくお願いします。

にほんブログ村 株ブログ 相場観へ

シェアする
フォローする
相場の上にも20年