スポンサーリンク
スポンサーリンク

連休明けに動きが出てくることを期待

日経平均 日経平均
出所:SBI証券
スポンサーリンク

前日の米国株市場でハイテク株比率の高いナスダック総合指数が買われたことなどを追い風に、日経平均は29174円で寄り付き、40円程度高い水準でスタートしました。

しかしその後は、変異ウイルスを含めた国内での新型コロナウイルスの感染拡大が警戒されるなか、緊急事態宣言の発令などに伴う国内景気の停滞が株価の重荷となり、漸次下値を切り下げる展開に。

企業の決算発表本格化を前に慎重なムードもあり、引けは▲134円の28991円で終了。

日経平均は日中の安値で引ける形となり、反落となりました。

売買代金は前日よりも増加して2.4兆円台でした。

スポンサーリンク

3日連続で値下がり銘柄が優勢

本日は辛うじて5日線(今日の時点で28967円)の水準は上回りました。

しかし、4/20の引け値(29100円)を超えることができなかったので、同線は下落基調が継続で上向きに転換することができませんでした。

昨日の記事で、明日の引け値が4/20の引け値(29100円)を超える形になれば、5日線が上向きに転じてくることになるので、30714(2/16)から2か月程度続いているレンジ圏内の動きを抜け出してくる可能性がでてくると書いたのですが、残念ながらそれが実現する形とはなりませんでした。

日経平均は反発。ここからレンジ圏内の動きを抜け出してくるか?
...

 

4/22に679円高となり、大きく反発したのですが、その後は、29000円近辺でもみ合う動きとなっており、方向感が出ない動きが継続しています。

日本市場は明後日からGWに入るので、その前に動きづらいという面もあるかと思われます。

本日の騰落銘柄数は、値上がりが749銘柄に対して、値下がりが1338銘柄で、本日も値下がり銘柄が優勢でした。

4/22の大幅高の翌日以降、値下がりの方が多い形が続いており、値下がり銘柄が優勢となるのはこれで3日連続です。

GWを前にして動きづらいという面もあるので、このような動きとなるのは仕方がないのかもしれません。

連休明けに動きが出てくることに期待したいと思います。

初株キャンペーン
スポンサーリンク
スポンサーリンク
日経平均

関連コンテンツ

▼以下2件ランキング参加中。記事投稿のモチベーションになりますので、応援宜しくお願いします。

にほんブログ村 株ブログ 相場観へ

シェアする
フォローする
相場の上にも20年