スポンサーリンク
スポンサーリンク

日経平均の高値からの下落率は20%に接近

日経平均 日経平均
出所:SBI証券
スポンサーリンク

今日の日経平均は24876円で寄り付き、小高く始まりました。

そこから自律反発狙いの買いが入り、11時1分に25084円まで上昇しました。

しかし、上海総合指数、香港ハンセン指数が一時3%超の下落となる等、アジア株の急落につれ安する形となり、14時56分に24681円まで下落。

そのまま安値圏で引け、▲73円の24717円で終了。

日経平均は4日続落となりました。

売買代金は前日よりも減少して3.2兆円台でした。

スポンサーリンク

騰落レシオ(6日)は昨日よりも更に下げ、35.6%まで低下

今日は朝方は高かったので、反発するかと思いましたが、途中で上げ失速となり、結局続落。

昨日の日中安値24767円を割り込んで、安値更新となりました。

ただ、今日の騰落銘柄数は、値上がりが886銘柄に対して、値下がりが1209銘柄。

今日の値下がり銘柄が優勢だったこともあり、騰落レシオ(6日)は更に低下し、35.6%まで下げてきました。

昨日の記事でも書いたように、騰落レシオ(6日)は売られすぎの水準まで低下してきています。

また、日経平均PERも11.97で、昨日に続いて12倍台割れとなっています。

新安値銘柄数は307で、昨日よりも減少しましたが、新安値をつける銘柄は多くなっています。

そのほか、昨年9月につけた高値30795円からの下落率も、今日につけた安値で19.9%の下落となっており、20%に近づいているので、水準からするとけっこういい水準まで下げてきていると言えます。

これらの点から見ても、目先的にそろそろ反発してもいい頃合いではないかと考えます。

ひふみ投信
スポンサーリンク
スポンサーリンク
日経平均

関連コンテンツ

▼以下2件ランキング参加中。記事投稿のモチベーションになりますので、応援宜しくお願いします。

にほんブログ村 株ブログ 相場観へ

シェアする
フォローする
相場の上にも20年