スポンサーリンク
スポンサーリンク

日経平均は反発で、日足の形状は切り込み線。目先反転か?

日経平均日経平均
出所:SBI証券
スポンサーリンク

前週末の米国株市場ではNYダウが500ドルの下げで新安値を更新。

これを受けて朝方はリスク回避ムードが強く、日経平均は25778円で寄り付き、下落して始まりました。

そこから9時56分に25621円まで下落。

一時下げ幅は300円を超えました。

ただ、売り一巡後は急速に戻り歩調となり、前場後半にはプラス圏に浮上。

後場も高値圏で売り物をこなし、引け際に急速に水準を切り上げ、大引けは+278円の26215円で終了。

日経平均は反発となりました。

売買代金は前日よりも減少して2.9兆円台でした。

スポンサーリンク

明日も続伸となると、上げと下げが交互に繰り返すという値動きのパターンに変化が現れることになる

今日の日経平均の日中安値は25621円まであったので、9/30につけた直近の安値25805円を割れてきました。

ただ、安値更新後は切り返したので、引けはプラスで終了。

9/30の記事で、

「日本株も9/26以降の値動きを見ますと、その翌日上げて、その翌日下げて、その次の日に上げ、そして今日下げるというように、上げと下げが交互に繰り返してきています。

仮にこの法則がまだ続くとすると、翌週の月曜日は上げるということになるのですが、上げと下げが交互に繰り返すという値動きは、底値圏で見られるパターンにもなります」

と書いたのですが、今日はその法則継続で反発となりました。

日経平均は引け値で26000円を割れる
...

なお、今日の日足は、前日の引け値よりも安く始まって、前日の寄り値に近い水準で終わっているので、形状としては切り込み線になっています。

一般的に切り込み線は、相場の上昇への転換、または、底入れの形と言われています。

また、9/26からの値動きは細かく見ると5つの波での値動きとなっているので、今日、反発したあと、翌日以降の動きがどうなるかが注目されます。

明日、続伸となって、9/27の引け値26571円を超えてくると、5日線が下向きから上向きに転換してくるので、目先反転の可能性が強まります。

なお、29222(8/17)からの調整が終了となるためには、27268(9/7)を超えてくる必要があると考えます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
日経平均

関連コンテンツ

▼以下2件ランキング参加中。記事投稿のモチベーションになりますので、応援宜しくお願いします。

にほんブログ村 株ブログ 相場観へ

フォローする
相場の上にも20年