スポンサーリンク
スポンサーリンク

日経平均は、首の皮一枚のところで切り返してくる

日経平均 日経平均
出所:SBI証券
スポンサーリンク

前日の米株式市場で、半導体大手エヌビディアの好決算を背景にハイテク株が堅調。

主要株価指数が上昇で引けました。

これをうけて今日の日経平均は、27144円で寄り付き、140円程度高く始まりました。

日銀総裁候補の植田氏の衆院での所信聴取があり、金融緩和を継続する姿勢が好感されて10時20分に27465円まで上昇。

その後、伸び悩む場面もあったのですが、再び買いが優勢となり、高値圏で取引を終え、+349円の27453円で取引を終えました。

売買代金は前日よりも増加して3.0兆円台でした。

スポンサーリンク

200日線を再度回復し、戻り継続の見方に希望を持たせる

日経平均は水曜日に27046円まで下げて、27266(2/13)の安値を割り込むとともに、200日線(今日の時点で27268円)も割れてきました。

また、1/23~24にかけて空けたマド(26938~27150円)も一部埋めてくる形となりました。

しかし、本日、そこから切り返して27453円で引け、200日線(今日の時点で27271円)を再び回復。

5日線(今日の時点で27415円)も上回ってきました。

今日も下落となって、1/23~24にかけて空けたマド(26938~27150円)を完全に埋めてくると、25661(1/4)からの戻り局面が終了し、25661(1月4日)や25621(2022年10月3日)を再び試しに来る可能性が高まったのですが、完全にマドとならずに切り返してきました。

今日の動きで、25661(1/4)からの戻り局面が継続という見方がまだいきているという事になったので、来週月曜日以降、その動きが継続するかどうかという所が焦点となりました。

月曜日に2/17の引け値である27513円よりも上で引けると、下向きだった5日線が上向きに転ずることになるので、戻り継続の見方がやや強くなってきます。

一方で、再度200日線を割り込んでくると、戻り継続とする見方は分が悪くなってくるので、目先的にはどちらに振れてくるのか、注目されるところです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
日経平均

関連コンテンツ

▼以下2件ランキング参加中。記事投稿のモチベーションになりますので、応援宜しくお願いします。

にほんブログ村 株ブログ 相場観へ

シェアする
フォローする
相場の上にも20年