明日のメジャーSQや米雇用統計通過で、日経平均に戻り方向の動きが出てくるか?

日経平均チャート

コーン米国家経済会議委員長の辞任発表で懸念が広がったものの、昨日のNY市場は高安まちまちで比較的落ち着いた動きでした。

米国株のショック安が回避されたことで、今日の日本株には買い戻しが先行。

日経平均は前日よりも200円程度高い21488円で取引開始となりました。

ただ、寄り値が日中高値となり、以降は上げ幅を縮める展開に。

14時35分には21299円まで値を落としました。

その後、引けにかけてやや戻る動きになり、+115円の21368円で取引を終えるかたちとなりました。

なお、明日のメジャーSQや米雇用統計などのイベントを前に、商いは盛り上がらず、売買代金は前日よりも減少して2.5兆円台でした。



間もなく戻り方向へ入ると見ているが、調整局面で信用の買い残が減っていない点はやや気になるところ

今日は高く始まったものの、買いは続かず、寄り値よりも下で引けたので、日足の形状は陰線でした。

今日の日経平均はプラスで反発となったものの、今一つ勢いに欠けるという感じでした。

ただ、3/1に5日線を下回り、以降、それを抜けない形になっていたのですが、本日は同線の水準(今日の時点で21252円)を引け値で超えてきました。

日経平均が5日線を超えるのは5日ぶり。

なお、3/6の記事「もしかすると昨日の安値で底打ちか? 日経平均は3度目の正直で底入れ完了となるか」で書いたように、20937(3/5)で当面の安値はつけたのではないかと考えているのですが、この先、まずは3/6の高値21551円を超えてくると底打ちの第1シグナルが点灯する形になると思います。

次に25日線の水準(今日の時点で21833円)も超えてくると、底入れのムードが徐々に広がってくるのではないかと思われます。

まずは、明日の注目イベント(メジャーSQや米雇用統計)通過で、戻りに向けた動きが出てくるのか、注目したいところです。

なお、短期的には底入れ後、戻り方向に向かうと見ておりますが、1~2月にかけて下げる中、信用の買い残が減っていない点はやや気になる所になります。

通常、下げる局面では信用の買い残は減るのですが、今回の調整局面では減るどころかむしろ若干増える感じになっています。

この点がどう影響してくるのか、やや気になる所になりますが、場合によっては1~2ヶ月程度戻したところで頭打ちとなり、そこから再度2番底を取りに行くという動きになってくるのかもしれません。

この点は一応念頭に入れながら、今後の相場動向を見て行く必要があるのではないかと考えております。

スポンサーリンク

▼以下2件ランキング参加中。記事投稿のモチベーションになりますので、応援宜しくお願いします。
にほんブログ村 相場観    人気ブログランキングへ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする