スポンサーリンク
スポンサーリンク

7月下旬ぐらいに向けて、日経平均は25000円あたりを目指す展開となるか

日経平均チャート 日経平均
スポンサーリンク

今日の日経平均は+88円の22966円で3日続伸。

22896円で寄り付いた後、13時50分に22993円まで上昇。

23000円の大台まであと7円に迫る場面もあったのですが、そこからは伸び悩む展開に。

今晩のFOMCの結果判明を前に買い上がる勢いは乏しく、節目に接近すると上値を抑えられて足踏みとなりました。

売買代金は前日よりも減少して2.2兆円台。

昨日に引き続いて、イベントを控えて様子見で、商いの盛り上がりは今一つという1日でした。

スポンサーリンク

今回も直近安値から、2か月程度上げ局面が続くという展開となるか?

昨年9月以降の日経平均の動き方を見ますと、上昇している局面が以下の通り、3回あります。

①19239(2017/9/8)⇒ 23382(11/9)

②21972(11/16)⇒24129(2018/1/23)

③20347(3/26)⇒23050(5/21)

この3回の上げの期間をみますと、いずれも2か月程度で一旦上げが止まり、その後反落して調整する、という動きになっています。

直近では、23050(5/21)で戻り高値をつけた後、21931(5/30)まで下落。

そこから反転して上昇してきているというのが、現時点における動きになります。

現状では5/30の記事「短期的に下げすぎで目先反発か。なお、早ければ今日の安値で底となった可能性もあるかもしれない」でも書いたように、21931(5/30)で安値をつけ、そこから上げの局面に入っていると見ています。

なお、21931(5/30)の安値から、前述したような期間、上げの局面が続くのではないかと考えています。

つまり時期としては7月下旬ぐらいに向けて、日経平均の水準としては6/6の記事「日経平均は夏場にかけて25000円辺りを目指す展開となるか」でも書いたように、25000円あたりを目指す展開となるのではないかと想定しています。

◆日経平均が上がると考えた場合、日経平均先物を買うという選択肢もありますが、日経平均先物を買う場合と比較して、くりっく株365の買いには①配当がつく、②取引期限がない等のメリットがあります(以下の記事ご参照)

⇒ 日経平均先物取引をするなら、くりっく株365がおススメなわけ

なお、くりっく株365では、マネックス証券くりっく株365が、手数料が最も安い証券会社となります。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
日経平均

関連コンテンツ

▼以下2件ランキング参加中。記事投稿のモチベーションになりますので、応援宜しくお願いします。

にほんブログ村 株ブログ 相場観へ

相場20をフォローする
相場の上にも20年