スポンサーリンク
スポンサーリンク

日経平均は2日続けてマド空けでの上昇だが、底を入れたかどうか、まだ判断に迷う所

日経平均チャート 日経平均
出所:SBI証券
スポンサーリンク

米中通商協議を巡る懸念が後退したとの見方から前日の米国株が上昇。

この流れを引き継ぎ、今日の日経平均は21755円で寄り付き、前日よりも150円程度高い水準で開始となりました。

そこから9時58分に21675円まで下げ、上げ幅を縮めたのですが、その後は切り返す展開になり、後場寄り後の12時38分には21871円まで上昇しました。

大引けは+213円の21816円で終了。

昨日に続き、続伸での引けになりました。

売買代金は前日よりも減少して2.3兆円台でした。

なお、昨日の日中高値が21631円に対して、今日の同安値が21675円だったので、44円マドを空けて上げる動きとなりました。

昨日も40円程度マドを空けて上げる動きだったので、これで2日続けてマド空けでの上昇となりました。

スポンサーリンク

昨日のNY市場は上昇だったものの、動きとしては今一つという感じ

昨日の記事で、「今晩のNY市場の動きが強く、それを受けた明日の日経平均の動きも強いとなると、目先、底をつけた可能性も出てくる」という事を書きました。

日経平均は急反発で、従来から注目していたタイミングより1日早く底を入れた可能性も
...

しかし、昨日のNY市場は上昇だったものの、引けにかけて上げ幅を縮める動きで、動きとしてはそれほど強いという感じではありませんでした。

このため、今日はあまり動きがないかと思っていたのですが、本日の日経平均は200円以上の上昇で、かつ、マドを空けて上げる形となり、動きとしてはやや強い感じのものでした。

この動きを受けて、どう判断するのか、という所ですが、昨日のNY市場の動きを見る限り、底をつけたと判断するのはまだ早計かという感じがしています。

なお、仮にまだ底をつけていないとしたら、従来から考えていた今週底を入れるというシナリオではなく、来週か、再来週かに底打ちのタイミングがずれるという事になると考えます。

10月以降の調整局面で見られるパターンがまだ継続しているとしたら、次週底を入れるという可能性も考えられる
...

一方、明日も日経平均が上昇で、そこで仮にマドを空けて上げるという形になると、3日連続でのマド空けでの上昇となるので、その場合は底を入れた可能性がより強くなってくるのではないかと考えます。

現時点ではまだ何とも言い難い所なので、もう少し様子を見る必要があるかと思います。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
日経平均

関連コンテンツ

▼以下2件ランキング参加中。記事投稿のモチベーションになりますので、応援宜しくお願いします。

にほんブログ村 株ブログ 相場観へ

フォローする
相場の上にも20年