スポンサーリンク
スポンサーリンク

NY市場の動きが鈍い中、日本株は戻り高値更新の動きが続く

日経平均チャート日経平均
出所:SBI証券
スポンサーリンク

前日の米国株式市場ではハイテク企業の好決算でS&P500とナスダックが上昇。

この流れを引き継ぎ、朝方から半導体関連株を中心に買いが先行。

日経平均は22753円で寄り付いた後、9時39分に22819円まで上昇。

昨日つけた戻り高値22780円を抜けて一時22800円台まで上げました。

そこから10時48分に22715円まで下げて、35円ほどマイナスとなりましたが、切り返す動きになり、最終的に+49円の22799円で終了。

日経平均は5日続伸となりました。

売買代金は2.0兆円台で、かろうじて2兆円の大台にのせるかたちになりました。

スポンサーリンク

NY市場の動きがここにきて鈍くなってきている点は、やや気がかりな様相にはなるが……

これまでのNY市場の高値は以下の通りで、いずれも7月に高値をつけるかたちになっています。

NYダウ:27398(7/16)

s&p500:3027(7/26)

ナスダック:8339(7/26)

7月まではNY市場が高値追いの動きが続く中で、日本株は日経平均、TOPIXともに4月につけた高値を抜けない動きが続いていました。

しかし、現在は、NY市場の動きが鈍り、高値が抜けない動きが続く中、日本株は戻り高値を更新する動きが続いています。

これは10月18日の記事でも書いたように、裁定残高が売り超の状態が続き、売り方の買い戻しが入って上げが継続しているためと思われます。

裁定残高の売り超状態は依然として続く。買い戻しが一巡するまでは、戻り相場は継続すると見られる
...

なお、株数ベースの裁定売り残は、9月12日のピーク時には10億株程度ありましたが、そこから減少が続き、直近の10月23日の段階では6.1億株まで減少。

ピーク時から、3.9億株売り残が減少するかたちになっています。

ただ、10月23日時点の買い残高は2.8億株で、依然として売り超過(3.3億株の売り超過)は続いています。

なお、買い残高から売り残高を引いた、売り越し超過のピークは9月9日の7.8億株。

売り越し超過のピーク時から1.5ヶ月程度の期間を経て、7.8億株から3.3億株に売り越し超過は縮小しているので、仮に今のペースで買い残高と売り残高の差が縮まっていくと、11月中旬あたりには売り越し超過は解消されるかたちになります。

現状では、買い戻しが一巡するまでは戻り相場は続き、10月17日の記事で書いたように、日経平均は23500円辺りまで戻るのではないか(※)と考えております。

日経平均は11月中旬から12月上旬に、23500円あたりまで上げるか?
...

(※)NY市場の動きがここにきて鈍くなってきている点は、やや気がかりな様相にはなります。この先、NY市場が高値更新とはならないにしろ、大きく崩れなければ上記が実現する可能性は高いとは思いますが、これが崩れてくると、そこまでいかずに失速する可能性も出てくると思われます。

FX ポータル
スポンサーリンク
スポンサーリンク
日経平均

関連コンテンツ

▼以下2件ランキング参加中。記事投稿のモチベーションになりますので、応援宜しくお願いします。

にほんブログ村 株ブログ 相場観へ

フォローする
相場の上にも20年