日経平均はスピード調整後、25000円方向を目指す展開となるか

スポンサーリンク
日経平均チャート

昨日のNY市場で、米国とメキシコが北米自由貿易協定(NAFTA)再交渉の2国間協議で合意に達したことを好感し、s&p500とナスダック総合が連日で過去最高値を更新。

これを受け、自動車株に買い戻しが入ったこともあり、今日の日経平均は22967円と高寄りでスタート。

その後、9時5分に23006円まで上昇。

一時、取引時間中としては2カ月半ぶりに23000円台を回復しました。

しかし、連日の上昇で短期的な過熱感が意識されたこともあり、その後、日経平均は上げ幅を縮小。

最終的に+13円の22813円で安値引けとなりました。

ただ、プラス圏を維持して引けたので、日経平均の続伸は6日まで伸びました。

なお、売買代金は前日よりも増加して2.1兆円台で、8営業日ぶりに2兆円を上回るかたちになりました。

スポンサーリンク

23000円の大台を約2か月ぶりに回復後、失速となったが‥‥

今日は23006円まで上昇し、久しぶりに23000円の大台を一時回復しました。

ただ、ここまで、短期な上げのピッチが速かったので、大台回復後は失速となりました。

今日の時点で5日線が22597円にあり、同線とのかい離が出てきている状況にあったので、大台回復後に失速となったのは通常の動きかと思われます。

23000円の大台回復後、一旦、スピード調整を入れ、再度、大台抜けを目指すシナリオが有力ではないかと考えています。

なお、今日の時点で日経平均は23006円をつけ、22949(7/18)は抜けてきたので、次は23011(6/12)、23050(5/21)抜けを試す展開となります。

近いうちに上記水準を抜けてくると見ていますが、仮にこれを抜けた場合、23000円を上限としたレンジ圏内の動きがここまで3か月近く続いてきたので、その後の上げのピッチは速くなる可能性もあります。

上記水準を抜けた場合、年初の高値である24129(1/23)を比較的早い段階で超えてくる可能性もあり、最終的には6/6の記事「日経平均は夏場にかけて25000円辺りを目指す展開となるか」で書いたように、日経平均は25000円あたりまで上げてくるのではないかと考えております。

(※)日経平均が上がると考えた場合、日経平均先物を買うという選択肢もありますが、日経平均先物を買う場合と比較して、くりっく株365の買いには①配当がつく、②取引期限がない等のメリットがあります(以下の記事ご参照)

⇒ 日経平均先物取引をするなら、くりっく株365がおススメなわけ

なお、くりっく株365では、マネックス証券(くりっく株365)が、手数料が最も安い証券会社となります。

スポンサーリンク



▼以下2件ランキング参加中。記事投稿のモチベーションになりますので、応援宜しくお願いします。

にほんブログ村 株ブログ 相場観へ
 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする