スポンサーリンク
スポンサーリンク

日経平均は反発で再度23000円の大台に近付く。明日のメジャーSQ通過で流れが変わるか

日経平均チャート 日経平均
出所:SBI証券
スポンサーリンク

今日の日経平均は22657円で寄り付き、40円程度高くスタート。

寄り直後に22643円で日中安値をつけた後は、米中間での通商協議の再開への期待が広が
ったことで、先物にショートカバーが入り、裁定買いを伴って指数が上昇。

9時20分に一時250円近く高い22858円まで上げました。

その後はメジャーSQ(特別清算指数)の算出を翌日に控え、高値圏でのもみ合いとなり、+216円の22821円で終了するかたちになりました。

今日はTOPIXも上げ、上昇率は+1.11%でした。

日経平均の同率は+0.96%だったので、TOPIXの上昇率の方がやや高いという1日でした。

売買代金は前日と同程度の2.3兆円台で、これで3日続けて2兆円を超えるかたちになりました。

スポンサーリンク

一目均衡表の遅行線が陰転から陽転入りとなるのは、今年に入ってから4回目

昨日はTOPIXの動きが悪く、あまり良い地合いとは言えなかったのですが、今日は一転して上げる展開となりました。

日経平均は昨日の日中高値22709円を早々に超え、22858円まで上げてきました。

TOPIXも同様に昨日の日中高値1702を超え、1716まで一時上げる動きとなりました。

なお、本日上げてきたことで、日経平均で見た場合、一目均衡表の遅行線が明確に陽転となりました。

今年に入ってから、一目均衡表の遅行線が陰転から陽転入りとなるのは、ざっくりと見て、これで4回目になります。

4月9日に21678円で陽転入りとなったのが1回目になるのですが、その時はそこから23050(5/21)まで上げ、上げの期間が1ヶ月半程度続きました。

しかし、その後の2回目と3回目は不発となり、陽転入りしてもたいして上げずに終わるかたちになりました。

そして、今回は4回目となるのですが、果たしてどうなるでしょうか。

 

明日のメジャーSQ通過で流れが変わると見る向きもあります。

本日、日経平均は22800円台まで上げてきたので、再度ここから23000円の大台抜けを試す動きになるのではないかと考えます。

なお、これまで23000円の大台抜けを試したのは4回あります。

1回目:23050(5/21)

2回目:23011(6/12)

3回目:22949(7/18)

4回目:23032(8/30)

仮にここから再度大台トライとなった場合、5回目のチャレンジとなります。

そうなった場合、さすがに今回のチャレンジでは大台抜けを実現するのではないでしょうか。

なお、仮に大台を抜けてきた場合は、8/30の記事でも書いたように、その後の動きは上げが加速する形になると見ております。

9月入りする来週以降23000円の大台抜けとなり、その後は上げ加速という展開になるか
...

(※)日経平均が上がると考えた場合、日経平均先物を買うという選択肢もありますが、日経平均先物を買う場合と比較して、くりっく株365の買いには①配当がつく、②取引期限がない等のメリットがあります(以下の記事ご参照)

⇒ 日経平均先物取引をするなら、くりっく株365がおススメなわけ

なお、くりっく株365では、マネックス証券(くりっく株365)が、手数料が最も安い証券会社となります。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
日経平均

関連コンテンツ

▼以下2件ランキング参加中。記事投稿のモチベーションになりますので、応援宜しくお願いします。

にほんブログ村 株ブログ 相場観へ

相場20をフォローする
相場の上にも20年