スポンサーリンク
スポンサーリンク

6/5に続き、アイランドリバーサルが示現。今回もここから反転に転じてくるか

日経平均チャート日経平均
出所:SBI証券
スポンサーリンク

トランプ大統領が通商協議を再開する方針を表明したことで不安感が後退。

前日のNY市場が高かった流れを引き継ぎ、今日の東京市場は朝方から買いが先行。

日経平均は20467円で寄り付き、高寄りで開始。

その後、9時19分に20439円で日中安値をつけたあと、10時52分に20529円まで上げ、日中の高値をつけました。

そこからは高い水準でもみ合う展開となり、最終的には+195円の20456円で終了。

日経平均は反発で引けとなりました。

ただ、日中値幅は90円程度で100円に満たず、小動きで終始しました。

売買代金も前日よりも減少して1.7兆円台でした。

スポンサーリンク

前回アイランドリバーサルが示現した時は、1ヶ月程度上げが続いた

前日(8/26)の日中高値が20329円に対して、今日(8/27)の同安値は20439円だったので、前日よりも110円程度マドを空けて上げるかたちになりました。

なお、前々日(8/23)から前日(8/26)にかけては、20579~20329円でマドを空けて下げるかたちになっています。

よって、この3日間の日足の形状でみますと、8/26の日足のみが下方に取り残されているような形状になっています。

このチャートパターンは、アイランドリバーサルといわれる形状になります。

(下方に残された日足が離れ小島のように見えることから、アイランドリバーサルと言われており、たまに見られるパターンになります)

この形が下値圏で出た場合は、底打ちのサインになると一般的には言われています。

ちなみに前回この形状が出現したのは6/5で、この時は、6/5の引け値(20776円)から、7/2の引け値(21754円)まで、1ヶ月程度の期間で1000円程度上げるかたちになりました。

日経平均はマド空けの上昇で、チャート上はアイランドリバーサルの形状が示現。ここから反転開始となるか
昨日のNY市場は、パウエルFRB議長が金融政策に柔軟な姿勢を示したことを好感して大幅に上昇。これをうけて今日の日経平均は20667円で寄り付き、200円以上高く始まりました。その後の安値は9時2分につけた20646円で、前引けの11時...

昨日の下げで拡大型の三角形が示現して、今日の反発でアイランドリバーサルが示現したので、昨日の下落で当面の安値をつけたのではないかと思います。

よって、昨日の記事でも書いたように、ここから少なくとも9月上旬あたりまでは上げてくるのではないかと考えています。

拡大型の三角形の示現で、ここから少なくとも9月上旬あたりに向けて反発に転じてくるか
米中間での報復関税の応酬によりセンチメントが悪化し、前週末のNY市場が大幅安。さらに外為市場でドル/円が一時104円台と円高に振れたことも嫌気され、日経平均は20325円で寄り付いた後、9時3分に20173円まで下落。一時下げ幅が50...
◆日経平均が上がると考えた場合、日経平均先物を買うよりも、くりっく株365を買った方が、取引期限がない、配当がつく等といった面で利点があります。

※明日は出張で、更新が飛びます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
日経平均

関連コンテンツ

▼以下2件ランキング参加中。記事投稿のモチベーションになりますので、応援宜しくお願いします。

にほんブログ村 株ブログ 相場観へ

フォローする
相場の上にも20年